HUGO & VICTOR

Le Maître Pâtissier Hugues Pouget

ユーゴ&ヴィクトールのパティシエ、ショコラティエのユーゴ・プジェは1995年、Ecole hôtelière de Marseilleで学んだのち、 カンヌにある 「 Carlton 」を経て、「 Laduree 」、次いで、「 Bristol 」へ。
24歳で、「 Hôtel Normandy 」のシェフ・パティシエとなる。
2002年、ギー・サヴォワ(Guy SAVOY)氏の熱いラブコールにより、パリ17区にある3つ星レストラン「 Guy SAVOY 」のエグゼクティブシェフパティシエに就任。
2007年、「 Guy SAVOY 」を辞職。その後、シンガポールや、日本、東南アジアなどの諸外国を廻り、 新たな味覚の追求に時間を費やした後、フランスへ帰国。
2010年2月、パリ7区に「 HUGO & VICTOR 」をオープンさせる。


Nom de marque

ブランド名である『 HUGO & VICTOR 』は、日本でも知られている「レ・ミゼラブル」などを執筆した19世紀フランスの著名な作家であるヴィクトール・ユーゴーとパティシエ、ショコラティエのユーゴ・プジェと同じ名前だったことから名付けられました。
文学作品から得たインスピレーションをもとに展開するコレクションの代表作品である『 Carnet (カルネ) 』は、"作家たちの手帳"をコンセプトに書籍のようにデザインされたボックスに風味豊かなショコラを詰め合わせた人気のシリーズです。